古い昔の思い出 コットン 


オオママとの初対面は 今から数えて やく50年弱前が始まりでした。もちろん、当時の私の ボス猪俣社長 同席でした。 

からたち日記の歌がオオママ持ち歌。社長はマイク 手にせず、私の代行 歌でカヴァー 時には12過ぎまで、
電車も無くなり、タクシーで駒込経由ー埼玉県の春日部まで、遠い道のりの一人旅が思い出に残ります。

時節のいいときには 駒込の 桜 が満開で きれい だった思い出が偲ばれます。

オオママ と岡山の客人、chichiki専務との出会いが待っていました。何時からか、こんどは、いつもアドワン では専務のちに社長 さん 同席で長く長く の宴席となりました。

時折50年のお祝いをしましょう、と話があり、二人で コースター 復活を。。。。。協力し、更なるアドワンの繁栄を、遠くからそして近くから切望しております。

以上   古き友人そして客人。。。。。。。タイキ。。。



50th Annversary/Advertising  NO1

アド・ワン創業は1961年10月18日。この時期、私は18歳、花の高校3年生。春から始めた就活で目出度くその後のサラリーマン人生が決まった時と重なる。あれから50年、アド・ワンは私の心のオアシス。
ある日、先輩のお供でお邪魔したのがアド・ワン通いの始まり。

オオママは現役バリバリ、現在の靖子ママは当時<美人ちいママ>として売り出し中のお店の華。あれから50年、お店と共に成長し、今は押しも押されもしない銀座の大ママに。バブル時代は立ち見席がでるほどの繁盛店。10数人で押しかけてうさぎさんチーム、たぬきさんチームに分かれてのカラオケ大会、そして天国裏からのお迎え車でのご帰還。バブル時代よありがとう。あれから50年、私は44年間のサラリーマン人生に別れを告げて晴耕雨読の日々。アド・ワンはまだ歴史の通過点。これからも私たちに銀座の情報発信基地として楽しいオアシスを提供してくれることを期待している。
アド・ワンでの一期一会に感謝、そして50周年に乾杯!!
                       M・K














      開店50周年まことにおめでとうございます。


アドワンは 10年前に亡くなった私の父が若いころから通ってたお店であり、そのため、私も20代から身分不相応ながら、お邪魔させていただいて今に至っております。

父は大正12年12月生まれで、おそらく大ママと同い年ではないかと思います。また、昭和30年ごろ父が勤務していた会社の得意先に大ママがOLとして働いていたそうですから、その縁で開店当時から顔を出していたと思います。ついでながら、私は大ママと小学校が一緒で27−8年後輩です。
当時の銀座の賑わいは筆舌に尽くしがたく、12月などはクリスマスと忘年会が重なって、表通りはもちろん、裏路地に至るまで人であふれ、父もアドワンのカウンターで夜を明かしたこともあったそうです。
バブルがはじけて20年、銀座もすっかり変わりましたが、アドワンだけはそのコースターと共に末永く続いていただきたいと願っております。
                         菊永通雄




Y先輩に連れられて初めてアド・ワンを訪れたのは、私が20代後半に差し掛かった昭和59年か60年ころであったろうか。アド・ワンとは1/4世紀近くもおつき合いをさせてもらっていることになる。

私とて男であるから、当時も今も同世代やそれ以下の魅力的な女性との会話を楽しむのは大好きであるが、大ママのような年齢の方と話をすることも別の楽しさがあった。

私の母は大正12年生まれで、大ママと同世代。今思うと、年代だけではなく下町育ちの私の母とどこか通じるようなものを感じていたのかも知れない。

決して母と仲が悪かった訳ではないのだが、かといって、母の青春時代の様子を尋ねるチャンスも無かった私にとって、大ママとの会話はとても楽しい時間でもあった。

大ママが静かに、懐かしげに語る往事の生活や銀座の街並みなど、実に新鮮に感じられたことを想い出す。
                 W後輩
        








アド・ワン御中

石橋 靖子 店主様    2010庚寅神無月 吉日

この度の 記念興行 誠に目出たく。

心より御祝い申し上げます。

毎度 当方 呑んだくれ連、

御世話・介護を戴きまして改めて深謝 致します。

永い営業の重み・・・今後も御健勝にて

御客様の御為【おもてなし の 心】にて

努めてくださいまし。

ますますの御商売のご発展を祈念し、手前共も微力なれど御協賛 できればと思っております。

御店 皆々様にも よしなに ご伝言の程。
ほんの 気持ちばかり、笑納 いただければ幸甚にて。

株式会社 ○○商店 管巻の呑んべオヤジ連。

(当方も 1894年創業より 116年めにて・・・)



           いつまでも心の故郷として

アドワンに最初にお邪魔したのは、今からもう28年前26歳の時です。小生の人生の半分以上の期間お付き合いさせて頂いたことになりますね。

3年前に亡くなった親父が若い頃から大ママに憧れて40年以上かよい続けたご縁で、小生も社会人になると早々にお邪魔するようになりました。

北九州に住んでいる小生にとっては、銀座は華やかな店ばかりのように思えていましたが、当時、アドワンの落ち着いたなごやかな雰囲気に出会い、すっかりファンになりました。

出張に合わせて立ち寄る程度ではありましたが、それでも年に何回か大ママや靖子ママにお会いし、東京の親戚に立ち寄ったようななつかしい故郷の香りを感じておりました。

父が亡くなった後も、アドワンではいろんなご縁を頂きましたね。父の大親友の佐川さんに偶然お会い出来たのもアドワンの不思議な引力によるものでした。大ママや親父や、過去のたくさんのお客さんの心がアドワンに宿って引力となっているのかもしれませんね。

いつまでも過去、現在、そして未来の多くのお客さんの心の故郷であり続けて下さい。

50周年おめでとうございます。
                          千々木亨


上から年齢順に入れさせていただきました。
              
                                             



               祝・50年の営み

 銀座クラブ街の一角に「アド・ワン」(ad'one 広告第一)と云う店がある。
命名に当たっては"ここに素敵なお店がありますよ"と先ず知らしめることが必要だと考え付けられたものと聞き及んでいる。

銀座8丁目銀裕ビル地下一階にあるこのお店は,,少々狭いが大ママの志津さんがいつも笑顔でお客を迎えてくれる。そばに3〜4人の美女も控えている。

普通銀座のクラブと云えば特権階級の人たちが使うところかと思っていたが、当クラブ「アド・ワン」は実に庶民的でかつ家庭的でありお客の心をゆったりと和ませてくれる。

今では、大ママから引き継いだ靖子ママがその心温まる雰囲気をずっと保ち続けている。これこそこの広い銀座のクラブ街で50年間という長い間営業を続けてこられた由縁であらう。今では得難く貴重なお店である。

歌の文句にうたわれたように

  ♪楽し都〜恋の都〜夢のパラダイスよ〜

      花のアド・ワン・・・・・はさらに続く。

       
      約30年楽しませてもらった客   岡部






 いつも変わらぬ味(品)



 アドワンには、最初和気様に連れて来て戴きました。
いつの間にか自分でも来る様に成っていました!!あれ!!と気付いた時は友達をお誘いしてました。

 ある時、大ママに 
遠慮しないで来れるし 満足して帰るが 何か注意や 心掛けている事はと聞きますと?

特別なことは 何もできませんが、いつも変わらぬ味(品)を提供できればと思っています。

 先月より今月、昨年より今年と、少しでもお客様に喜んで戴く、ましな人間に成る様に心掛けて居るつもりですが、難しいです。と、大変高貴な味ある話を さりげなく 解りやすく話されていました。

私は常日頃、この言葉に刺激を戴いています。さすが50年間歴史を作って来られた店 しっかりしています。百年に向かって進めてください。いつも変わらぬ味で

              祝・50年の営み